リールメンテナンス

週末になると台風が来て釣に出れません。天候だけじゃなく家の用事もあったりするのですが。そんなときは道具のメンテナンスですね。

DAIWAのIt's ICVシリーズは大体全バラし組み立てられるようになりました。シマノの小船3・400は壊れにくいですが、錆が出たりしてました。で、今回はRYOGAのベイジギングもばらしてみました。Eクリップには泣かされました。苦手なんですね。
C1012 PE-HWをばらしましたが、さすがに緊張しました。古いグリスを落とし新たしいグリスでくみ上げる。オイルも注油し何とか元通り。いろんなものを洗浄したパーツクリーナーは真っ黒でした。

調子に乗って、5・6年間に買ったソルティガZ30もばらしてみました。さすがに造りが違います。RYOGAとも違ってて、びっくりしたのが海水が中に入った形跡がないということ。グリスもべたべたではなくきれい。螺子にもOリングが付いており徹底した防水対策でした。1つOリングを破損したけどそのまま組み上げ軽快な巻き心地になりました。ベアリングが1つ怪しいのがありましたがとりあえずは大丈夫みたいです。

もっといろいろ調整しながら組み上げれるようになりたい物ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック