2014 秋 船底掃除

今年は白い細い貝みたいなのがたくさんついてます。前回の船底掃除はデッキ張りのときにマリーナにやってもらったので、自分でするのは約1年ぶりということになります。

台風直前ですが、たまたま休みを取ってあり台風前に完了できそうです。今回舵の塗料は全部落とさずさらっとワイヤーカップブラシでさらっただけ。ペラとシャフトはしっかりやってペラクリンを落とします。その後船底塗料とペラクリン、舵にはプライマーを塗って船底塗料ってな感じですかね。保護亜鉛も4枚新換えです

カップブラシでサンディングですが、前の船は楽だったのになぁと思ったら、全体的にペラも大きくシャフトも太くなった以外に、シャフトの露出が全然違うんですね。前の船は20cm位しか船体外に出てなくセミキールだったんですよ。どうりで疲れるわけです。カップブラシも1回で研磨力がた落ちだし、腕もプルプルです。

これで、半年程度は快適に乗れるでしょう。1年持つかもしれませんが、ガッツリ汚れる前に掃除したい性分なんで・・・タイガイ、隣に船台に船がいたら「まだきれいですねぇ」とか、「よごれてませんねぇ」といわれます。でも、たくさんコシキがついたら掃除が大変ですよね。

明日は、船を着水させて係留場所に戻ったら荒天対策ですね。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック