拡声器・・・

先日の釣行で、約5ヶ月ぶりに拡声器を使おうとしたら・・・音が出ない。ゲストを乗せ釣りに行って拡声器が使えないと不便この上ない。で、修理しました。

まずは、トラブルの原因というか何が壊れて音が出ないのか・・・を、まじめにやってればいいのですが、スピーカーなんて壊れないでしょ~、マイクなんて壊れないでしょ~、アンプは壊れる可能性高いかな?配線も・・・なんてたかをくくって修理を始めたのが失敗で、マイクもアンプもスピーカーも予備があったのですが。

最初に配線のチェックをし、怪しげな継ぎ目を切り落としつなぎなおしテスターであたるも、反応しない。あちこちはぐってみれば、途中で腐って断線してました。
スピーカ、何回かブツッって言ってノイズが出るのだから生きてるんでしょ?ってな感じで右往左往してキャビンはこんな感じ。

画像


配線を引っ張り出し、メインの作業場です。
画像


拡声器なので、スピーカー向け2本。電源のプラマイで2本しか配線無いのに、なんでこんなに苦労するの?やっと発見したスピーカー向けの青と白。
こんな開口部から手を入れて何が出来るんじゃ?もっと何とかならないのかな。
画像


こんな状態の時にはウンザリしてますけど。

結局、プラス配線をどこから取ってるか分かりませんでした・・・というか見えない。途中、ぷつっと何かが抜ける感触があったりして、なにが抜けたの?この配線はもともと遊びだったのか?なんて作業も増えたりして何とか復旧しました。

スピーカーはアンプから青と白で出てて、どこかで、赤と緑の線になってて、天井に出る手前で、白と黒になって天井に出たところでねずみ色とねずみ色+黒ラインになってスピーカー手前でギボシでつながってました。
天井手前で配線は腐って断線。天井から出たところのねずみ色の線も、紫外線等で劣化しひび割れ断線でした。天井手前からスピーカーまでを新規配線しなおしました。

で、アンプは生きてることが確認できたのでそのまま使用。壊れてたのはマイクでした。マイクを交換し、配線も復旧させ、元の位置に取り付け、引っ張り出した配線をなるべく綺麗に収納し、エンジンを掛け、メーターの動作、各スイッチの動作確認、もちろん拡声器で発声し動作確認して修理完了です。

多重障害で今回は、かなりヤキモキしましたが、何とか復旧です。しばらくこのままいけそうな感じ。
だけど、いつかは配線全部やり直したいですね。赤線なのにマイナス、白線は場所によってプラスだったりマイナスだったり。1本の線に数本の線をひねって接続しビニルテープで巻いて分岐してたり、皮むいでそこから分岐してビニールテープだったり、もうむちゃくちゃです。何かが壊れたときに一気にやるしかないでしょうね。

AC100Vの発電機とエアコン系とDC24V系、DC/DCかましてエアコンコンロトールの12V系があってちょっと複雑なんですけど。おまけに狭いし。手のダイエットが必要ですね。

・・・・あぁ、トイレの天井の内張り復旧させるの忘れてた・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック