船舶火災

例によって一生懸命、漁労?してると、工場から煙が上がったように見えた。が、様子がおかしいので双眼鏡で見てみると、船が燃えてました。 煙が出ているのは知っていたのでが、バックが工場のため、工場の煙かと。一丸が近寄ったときには、他の漁船が乗組員を救助してました。 始めてみました。発火から10分程度で船は煙に包まれてしまいました。118に電話しましたが、他にも通報が入ってます、今船を出しますからって中々こない。通りすがった?タグ 内海曳船の有田丸が放水開始。

画像


その内、船の接岸業務を終えた他のタグも加勢した後で保安庁到着、放水開始。

画像


有田丸の放水開始から30分程度で対象の船は沈没していきました。タグ達は、何事も無かったかのように本来業務に戻っていきました。

初めての光景で、ビックリしましたが最初から気がついていながら、しかも近くに居ながら救助出来なかったのが残念です。遠めに確認したら、怪我も無かったようで何よりでした。

沈没した牡蠣屋さんの船は18時ごろには引き上げられた模様です。

皆様も、事故等には気をつけましょう。船内機(インボート)艇は海水インペラの破損でも排気管から発火してしまいます。整備・点検はしっかりしましょう。と、思った今日この頃でした。

それにしても、先日のBLOGに書いた意外にもドクターヘリを近所で見るし、火災も見るしで、健康と安全には十分注意しないといけませんね。いつも以上に慎重な行動をとりたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック