魚探 調整結果

夜な夜なネットで検索し、取り付け位置から取り付け状態、機器の設定などをいぢり倒してみました。結果、ジグも、サビキの仕掛けもちゃんと映る状態になりました。その上、新旧どちらの魚探も使えます。言うことありません。
デジタル魚探、今までの魚探になれているので、癖は感じる物の解析能力はさすがです。海底の状態がはっきりわかりこれまでもやもやっとしてたのがバシッと分かります。漁礁のイメージも掴みやすいです。これまでは岩なのか漁礁なのか分かりにくかったのですが、デジタルでは一目瞭然です。

魚探はFCV-585なので、お魚のサイズが表示されます。これは結構楽しいです。すぐに飽きるのでしょうが、ベイトかターゲット魚かを見分ける参考材料にはなるお思います。しばらくは使い込んでいきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆうちん
2011年11月16日 23:45
私にしては珍しく先々週家族で宮崎一泊、
先週は仕事関係の車で佐世保、
日曜日は釣りと結構ハードに行動しておりまして今日やっとここをチェックしに来ました!
漁探の取り付けでは色々有った様ですね、
何とか落ち着いた様子で安心しました。
また色々レポート下さい!
一丸
2011年11月20日 21:59
遅くなりました。
魚探、まだ取り付けには納得できてないのですが、腰痛のためしばらく現状で様子を見ようかと。
今後、どんどん使って行きたいと思います。
次はGPSですかね(笑)

この記事へのトラックバック