クーラーボックス諸々

夏も終わりですが、クーラーボックスについてウンチクを。
買うときには、サイズ・・・入れる魚のサイズと量、車に載せる場合にはトランク等に入るか?を気にします。保冷力、中に入れた保冷剤や氷がどの程度持つのか?あと、結露するか?氷をいれ放置した場合、外側に結露するやつが居ます。側が薄いんですね。車のトランクが水浸しや湿った状態になったり、保冷力も弱いと思われます。あと、個人的には水抜きや、大きい物にはコロが必須ですね。上に座れるのか?強度はあるか?アフターパーツの有無も気になるところです。ヒンジが壊れて、ハイそれまでよとなるか、ヒンジが単品で売られているのかあたりですかね。一番なくなるのがドレンボルトですね。

一丸で使っている・・・というか船上に放置してあるのはIGLOOのマックスコールド165QTです。156Lですね。
画像

大きさでは群を抜いています。うたい文句では氷が7日持ちますということなので保冷力もあるのだとは思いますが、フタ周りが薄く例によって開口部にパッキンがありません。ゆえに冷気が逃げやすく、雨が振れば水が中に入ります。この夏前に市販のパッキンを貼り付けて見ましたがさほど効果がないような。で、結露はしません。有名メーカー製だけにパーツも入手が容易です。今後の改造点は、真ん中の小窓にラッチをつけてどうか?というところだと思います。パーツ的には2千円程度なのでやってみる価値もあると思いますが、気が向けばやってみることにしましょう。

最近追加したのが、氷調達時や大人数での乗船時に食べ物や飲料と魚を分けるべくセカンドクーラーでバードプラッキーの75Lです。
画像

ちょっとやわな感じもありますが、必要十分な機能と何よりも価格がお手ごろ、15、000円も出せば手に入ります。パーツは見たことがありませんがどうなのでしょう。結露もしないように思われます。大人数の場合は個人のクーラーは持込せず、このIGLOOとバードプラッキーを利用していただきます。
バードプラッキー購入時には値段とコロと容量で探してて対抗馬でよく出てきたのが伸和 ホリディランドクーラーでしたが、現物を見たところ、あまりの強度の無さに却下でした。ビッグレジャークーラー75L の保冷力にも惹かれましたが価格面で候補にすらなりませんでした。

で、遊漁船釣行専用で使っているのがSHIMANOのスペーザ ホエール ベイシス600です。
画像

グレード的には中間の物になりますが、自分的には高価な物です。最高の機能と性能を持ち合わせてかなり気に入っています。先日のサワラ他も十分収容可能です。なんといっても、氷が溶けない!コロと足の設計が絶妙で移動時と固定時の使い分けのしやすさといったら絶品です。DAIWAの同等製品とかなり迷いましたが、内側のサイズの差でSHIMANOにしましたが正解だったと思います。

クーラーボックス、価格と性能はおおよそ比例するみたいですが、色々比較して利用用途にあったものを選びたいものです。120L程度のマリン仕様のIGLOOを今日も物色中です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆうちん
2011年09月15日 21:54
一丸さんのこの記事を参考にクーラー買い換えに踏ん切りがつきました、ダイワTSS3500っていう機種を使用していましたが当方メタボな為上蓋(天板)が反ってしまいました(T . T)
ここの内容を参考に今日某釣具屋でシマノの現物を物色、同じ物に決めちゃいました!
明日某釣具屋のSALEが始まり6のつく日なので注文しますd(^_^o)
一丸
2011年09月15日 22:28
ゆうちんさん
クーラー購入おめでとうございます。
このクーラー、天板は少しやわい感じもありますが、本文にもあるようにコロと足の設計が絶妙で移動時と固定時の使い分けのしやすさといったら本当に絶妙なセッティングとなっています。保冷力も、車のトランクに積んだとき底から熱が上がってくる場合、底面が真空となっているので氷が溶けにくくなっています。良い買い物だと思います!

この記事へのトラックバック