2010-22 ひとつテンヤ

そろそろ、鯛が釣れてるとの情報があり、巷で話題のひとつテンヤを引っさげ出船。途中、遊漁船の復習をしながらメバル釣り。そこそこのサイズが出ました。潮が緩む時間を見計らってタイが釣れるであろうポイントへ。ひとつテンヤ最初の釣り物は・・・磯ベラ・・・その次も磯ベラ・・・キープフィッシュはカサゴ1匹。仕方ないので、釣り船がよくいるポイントを検索すると、漁礁らしきものを発見。その後、サビキで拾い釣りを重ね、サバ、アジを追加。メバルはBIGサイズです。本命の鯛はボーズでした
画像

あと、ニュータックルで釣ったのでタックルの写真も。DAIWAのis’tICV150WLと伝衛門です。なかなかオールマイティなタックルです。炎月の0.8号(PE)を150m巻いてあります。メバルのハリスも0.8号、それで大サバを上げました。かなりスリリングでした。
画像

釣行の帰りに、アイドリングでレーダー、魚探、ブロアファンがとまってしまう・・・要するに電源が切れる?バッテリ上がり?こんなことがおきました。バッテリ端子は緩んでないし・・・何が原因だ?ツインバッテリ化したときに何かミスったか?サブバッテリのメインスイッチを入れ忘れてた・・・これが、原因か?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

DX
2010年04月20日 00:26
お久しぶりです。
一丸さんの探究心には恐れいります。

ところで、バッテリーは並列で4個搭載でしょうね。私の経験では、バッテリーの並列化でメリットはありませんでした。スタートバッテリーとディープサイクルの並列ではなおさらで、長時間の夜釣りなどでは、陸でマイコンチャージャーで満充電したものを、一回づつ、使用したほうが、バッテリーも長持ちしました。アイソレータを利用して、並列を充電しても、アイソレーターのコンデンサーが電流をロスしていること、ディープサイクルは満充電するためには、電圧コントロールが必要なことから・・・。
バッテリーの多積化は疑問と考える次第です。

私独自の考えですが、計器系統以外のための、ハウスユースの電気は、ポータブルで、ディープサイクルをお勧めします。因みにボイジャーは寿命が極端に短いです。
それより、バッテリーで使えるLEDライトを作ってください。E26で、60w相当の明るさがあれば、いいのですが。どうも、電気は苦手でわかりません。
電気のロスをなくす努力をしたいものです。
一丸
2010年04月20日 19:07
ご無沙汰です。電気は私も素人ですが、今回のことは、アクセサリ用バッテリのメインスイッチの入れ忘れによるものと思われます。この状態だと、サブバッテリチャージャー経由でオルタネーターの電気だけでアクセサリが動くことになります。メインバッテリからもサブバッテリからも電気が供給されない。で、レーダー、魚探、ブロアファンを動かしてアイドリングの発電量では、電気が足りないということだと思います。
流し釣り中は、ブロアファンとレーダーは未稼働です、走行中は発電量が多いので問題なく、気がつかなかったんだと思います。
次の日は問題なく使えたので。バッテリ端子や水の量はすべて点検し、問題なしでした。
一丸
2010年04月20日 19:13
サブバッテリですが、12Vを直列で24V仕様にし、2組積んでいます。充電は、ニューエラーのサブバッテリチャージャー大容量タイプ(60A)です。目的は、AC/DCインバータと、エンジン停止中の魚探使用としていて、目的は果たせているので、メリットはあったと思います。アクセサリでバッテリが上がっても、エンジンが掛かる安心感、なんらかが原因でメインバッテリが死んでも、ブースターケーブルでエンジンを掛けられる安心感は良いです。
岩国沖のサバのように、アンカリング中の魚探使用を狙ってます。
電気は、色々考えると、あっさりポータブル発電機を買ったほうが良いかもしれませんね。インバータ仕様の物を。

この記事へのトラックバック