UF30を選んだ訳

ちょっとウンチクを書いてみます。自分自身の覚書の意味も含めて。
個人的な偏見と好みなんでその辺は理解のうえ見てください。
なんで、UF30を選んだか?
最初に思った条件は・・・
1.漁船タイプ
2.船体はヤンマー・ヤマハどちらでも良い
3.エンジンは絶対ヤンマー
4.長さは30フィート~36フィート、
5.船速は20ノット巡航
6.きればトイレ付き
7.絶対シャフト船(インボート)
8.燃費の関係で200~300馬力くらいのエンジン
と思っていた。

利用目的はジギングメイン、流し釣り、掛釣りそのほかなんでも。
最近、青物ジギングをやりたい気持ちが大きく、そうなると15ノット以上で魚探が見たい。

これは、漁船タイプでは難しい、理由は、イケスが前にあり、魚探の発信機より前に
イケスの排水口が付いて泡が発生してしまうので魚探が泡切れしてしまうから。
こうなるとプレジャータイプのものになってしまう。
候補はヤンマーのEX32かヤマハのUF30、FG33になってしまい、サイズは妥協できない、
価格も制限があり、ヤンマーは高い、できれば綺麗な船ってことで探していた。
縁があってヤマハUF30I/Bを購入したわけです。
船の綺麗さと艤装が決めて、だけどマリーナの社長が最大の決め手です。

しばらく使ってみた感想は
・ヤマハのエンジンも悪くない
・燃費は思ったよりいい!
・FRP薄いぞ! 塗装の無い部分や薄い部分は透けて見えます
・イケスの容量が小さい
・キャビン横通路が狭い
・波があると叩き過ぎ
・前が見えない

ま、不満もあるけどいい感じです、点数をつけるなら85点くらい。
大事に乗っていきたいと思います。
購入マリーナの対応は100点を通り越して120点くらい上げたいです。

今後欲しいものは、大型クーラーボックス(100L以上)、魚探(2ステーション用モニタ)、
出力の大きいレーダ(4kw位)、AC24V-DC100Vコンバータ(1KW強)ですかね。

夢はヤンマーのEX32(6LY-ST)です。UF30+250万くらいで夢に届きそうだけど
これ以上は鼻血も出ません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック